上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ひさびさに公式サイトを見てみて非常に驚いてしまった。
http://www.gamecity.ne.jp/dol/gran_atlas/chapter1_4.htm

Gran Atlasについての記事であるが、今更実戦を優遇させたとしてもすでに遅い。
自身も帰るつもりがないし、複雑に仕様の追加・変更がなされている今の時点でのルールでプレイしてみたいとも思わない。

物事にはタイミングがある。旬の時期に適切なアップデートを行わずして何をいまさら実戦優遇なのか。

かくいうワタシは他ワールドに先駆けて一度実戦大会を開いたことがあったのだが、(来るべき時代を見据えて~アップデートなどでの期待感)
それは大航海時代オンラインというゲームの時代背景を考えた際に一番の見せ所は、
外洋での戦い=(つまり)実戦
だと考えていたからでもある。このゲームの一番の肝(大事なところ)であり華(見せ場)である、と。

勿論模擬戦にも価値は十分に認めていたが、飽くまでも模擬=(つまり)練習、すぎない。
・いつまでも軍人は模擬戦(練習)で満足していてはならない。
・模擬戦(練習)は外洋におけ来るべき実戦(本番)のための準備にすぎない
という考えが根底にあった。

本番をやることなく永遠に練習に甘んじておかなければならない軍人プレイヤー諸氏は、強大な戦闘力を誇示できず広いワールドの中でもごく一部の狭い海域で毎日コソコソと練習にいそしむ姿には、個人的には哀愁を帯びた「悲劇としての存在」を少なからず感じていた。

実戦(または優遇措置)への道しるべ(誘導)は、そういった「悲劇としての存在」を「本来のあるべき姿」へと戻してあげることをも意味するように思える。

ただ残念なのは時が遅すぎたこと。そして運営が(海賊を含めた)軍人プレイヤーの扱い方を誤ったこと。

運営が悪いのは当たり前だが、せめてもの救いはオンラインゲーム(仮想空間)を卒業しリアルに専念できるようになったことだろうか・・・。
スポンサーサイト
2013.12.15 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://eurosvictorycup.blog33.fc2.com/tb.php/231-c0fecb36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。